【News Release】包むの日(2月26日)に合わせて奄美大島の伝統工芸「大島紬」の柄をモチーフした「紬POP マスキングテープ」の新色を発売!

鹿児島・奄美市でグラフィックデザイン事業などを手がけているアビコムデザイン合同会社(所在地:鹿児島県奄美市、代表社員:迫田真吾)は、本場奄美大島紬の代表的な“柄”の「秋名バラ柄(あきなばらがら)*1」をモチーフにデザインしたご当地マスキングテープ(ご当地マステ)の「紬POP(つむぎぽっぷ)マスキングテープ」のラインナップに新色(パステルMix、ビビッドMix)を追加します。 販売は自社が運営するECサイトや地元のショップなどで2月26日(包むの日)から開始します。和柄のカラフルなマスキングテープを是非、ラピング等にご活用ください。

大島紬マスキングテープ(紬POPマステ)
※本ニュースリリースに掲載されている画像はダウンロードしてご利用可能です。

ご当地マステはいま、全国の観光地や観光名所をはじめ大手・有名企業も開発・販売を手がけるなど話題を集めている人気グッズの1つです。
柄”の新色(緑、橙)を発売し、今回は更なるラインナップとして“秋名バラ柄”の新色を追加するかたちになります。

▼ 2017年11月16日付プレスリリース『アビコムデザインが奄美大島の伝統工芸「大島紬」の代表的な“柄”をモチーフにした「紬POPマスキングテープ」を11月17日に販売開始!』:
https://www.value-press.com/pressrelease/192952

▼ 2018年2月20日付プレスリリース『アビコムデザインが奄美大島の伝統工芸「大島紬」の代表的な“柄”をモチーフした「紬POPマスキングテープ」に「龍郷柄」の新色(緑、橙)を追加!』:
https://www.value-press.com/pressrelease/197405

商品概要

商品名:紬POP(つむぎぽっぷ)マスキングテープ
柄およびカラー展開:秋名バラ柄(パステルMix、ビビッドMix)、全2種類
価格:500円(税別)
素材: 和紙、粘着剤
サイズ:15ミリ×10メートル
商品紹介・販売ページ:https://abcom.theshop.jp/categories/388615
※奄美大島のお土産ショップなどでも販売予定


※本ニュースリリースに掲載されている画像はダウンロードしてご利用可能です。

「紬POP マスキングテープ」取扱店舗

ALOALO yellow(アロアロイエロー)
〒894-0034 奄美市名瀬入舟町10-1

Frasco(フラスコ)
〒894-0105 鹿児島県大島郡龍郷町大勝3114-2

山田珈琲 Amami Island
〒894-0503 鹿児島県奄美市笠利町和野285-4

アビコムデザイン ネットショップ直営
https://abcom.theshop.jp/

開発の背景

アビコムデザインは、奄美大島の観光がもつポテンシャルを次のようにとらえています。

1.国立公園の指定と格安航空会社(LCC)の就航
2017年3月7日、「奄美群島国立公園」が国内34か所目の国立公園に指定されました。また、同3月26日には関西国際空港と奄美大島を結ぶ新たな格安航空会社(バニラエア)の定期運行便が就航しました。

2.世界遺産への登録をめざすなど観光地として人気上昇中
2018年の世界自然遺産への登録(「奄美・琉球」)をめざしており、観光地としての注目度が上昇中*1。
こうした背景から若い世代を含めた観光客が増えている一方、地域のお土産店などでは大きな経済効果が感じられないという声があります。そこでアビコムデザインは、若い世代の購買意欲を高められるような商品の開発・販売に取り組む必要を痛感しました。

「大島紬」は、高度な技術と着心地のいい品質が高く評価されている奄美大島の伝統工芸品です。現在、奄美産地での生産反数(平成29年:4,402反)は戦後のピーク時(昭和47年:284,278反)にくらべて約1.6パーセント*2と大幅に減少しており、危機的な状況にあります。

奄美大島が誇る地場産業としての基盤維持や技術の伝承などに課題があることをふまえ、アビコムデザインが2015年3月に立ち上げたのがブランドが「紬POP(つむぎぽっぷ)」です。

従来の大島紬のユーザーとは異なったターゲットへアプローチし、伝統的な柄をアレンジしたデザインを通して大島紬の魅力や品質の高さを知っていただく商品の開発と販売に取り組んでいます。現在、タイツやソックス、レギンスなどのレッグウェアをはじめ、マスキングテープなど幅広く展開しています。

アビコムデザインは、奄美大島の伝統工芸「大島紬」の代表的な柄をモチーフにしたご当地マスキングテープ(ご当地マステ)の開発・販売を通して奄美大島および「大島紬」の魅力を発信していきます。

*1 秋名バラ柄(あきなばらがら):大島紬の古典柄の1つです。バラとはザルの事で、秋名バラ柄はサンバラというザルの網目がモチーフとなって出来た柄と言われています。格子の十字部分に着色されているのも秋名バラの特徴の一つです。

*2 注目度が上昇中:「楽天トラベル」内の「2017年春、国内旅行先の人気上昇エリアランキング」で鹿児島県が第3位(https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/spring/

*3 約1.6パーセント:本場奄美大島紬協同組合のWebサイトのデータより算出(https://sites.google.com/site/honbaamamioshimatsumugi/home/tsumugi/seisantansuu

アビコムデザイン合同会社について

所在地:〒894-0068 鹿児島県奄美市名瀬浦上町43-5-102
代表者:代表社員 迫田真吾
設立:2015年1月
電話番号:0997-69-3860(代表)
URL:https://abcom.jp/
事業内容:グラフィックデザイン、ウェブデザイン、ウェブビジネスでの広報PR活動支援など