【News Release】奄美大島発、リアルなハブ柄で人気のご当地マスキングテープに新色を追加!

鹿児島・奄美市でグラフィックデザイン事業などを手がけているアビコムデザイン合同会社(所在地:鹿児島県奄美市、代表社員:迫田真吾)は、南の島に生息する毒蛇「ハブ」をモチーフにしたご当地マスキングテープ(ご当地マステ)の販売を、自社が運営するECサイトや地元のショップなどで2月18日(日)から開始します。

金ハブ柄|奄美大島のマスキングテープ
※本ニュースリリースに掲載されている画像はダウンロードしてご利用可能です。

奄美大島産の本ハブ革を丁寧になめした「金ハブ」の柄を忠実に再現しています。ハブのショーや展示を行っているハブの革骨加工専門店「原ハブ屋」の協力により、商品化することができました。

▼ 商品紹介・販売ページ:
https://abcom.theshop.jp/items/9971478

ご当地マスキングテープ(ご当地マステ)はいま、全国の観光地や観光名所をはじめ大手・有名企業も開発・販売を手がけるなど話題を集めている人気グッズの1つです。
アビコムデザインは2017年3月に“銀ハブ柄”のマスキングテープを商品化、今回は“金ハブ柄”をラインナップとして追加するかたちになります。

▼ 2017年3月10日付プレスリリース「奄美大島発!リアルなハブ柄のご当地マスキングテープ新発売 ~南の島に生息する毒蛇『ハブ』がモチーフ~」:
https://www.value-press.com/pressrelease/179513

商品概要

商品名:「HABU ROCK マスキングテープ 金ハブ」
使用写真素材:奄美大島産の本ハブ革(金ハブ)
価格:500円(税別)
素材: 和紙、粘着剤
サイズ:15ミリ×10メートル
商品紹介・販売ページ:https://abcom.theshop.jp/items/9971478

開発の背景

奄美大島にはアマミノクロウサギなどの希少野生動植物が生息・生育し、猛毒蛇のハブは島の生態系を維持するためになくてはならない存在です。
ハブをきっかけに奄美大島の貴重な動植物について興味と関心を持ってもらい、2018年の夏に「奄美・琉球」が世界自然遺産の候補地として選ばれていることをもっと多くの人に知ってもらいたいというところから、「HABU ROCK」の企画はスタートしました。

▼ 「HABU ROCK」シリーズの商品紹介・販売ページ:
https://abcom.theshop.jp/categories/228201

アビコムデザインは、ご当地マステの開発・販売を通して奄美大島の魅力を発信していきます。
今後も奄美大島版ご当地マステのシリーズ化を目指し、本場奄美大島紬や方言などをデザインモチーフとしたラインナップの拡大を計画しています。

HABU ROCK マスキングテープ 金ハブ
※本ニュースリリースに掲載されている画像はダウンロードしてご利用可能です。

「HABU ROCK マスキングテープ」取扱店舗

毒蛇ハブ革骨加工品専門店「原ハブ屋」
〒894-0505 鹿児島県奄美市笠利町平字土浜1295-1(笠利店)
〒894-0027 鹿児島県奄美市名瀬末広町1-16(名瀬店)

ALOALO yellow(アロアロイエロー)
〒894-0034 奄美市名瀬入舟町10-1

Frasco(フラスコ)
〒894-0105 鹿児島県大島郡龍郷町大勝3114-2

山田珈琲 Amami Island
〒894-0503 鹿児島県奄美市笠利町和野285-4

アビコムデザイン ネットショップ直営
https://abcom.theshop.jp/

【アビコムデザイン合同会社について】

所在地:〒894-0068 鹿児島県奄美市名瀬浦上町43-5-102
代表者:代表社員 迫田真吾
設立:2015年1月
電話番号:0997-69-3860(代表)
URL:https://abcom.jp/
事業内容:グラフィックデザイン、ウェブデザイン、ウェブビジネスでの広報PR活動支援など